エアコンの配管カバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この夏、必需品なエアコン。

室内にある本体は毎日目にしているかと思いますが、室外機から室内のエアコン本体へ繋がっているホース部分をチェックしてみてください。

このホース部分、カバーで覆われているタイプとテープで巻かれているタイプがあります。

テープタイプは経年劣化により剥がれてきてしまうことが。

そのまま放置してしまうと、完全にめくれてしまい内部が見えてしまいます。

すると配管(銅管)周りの断熱材が劣化して、断熱効果が下がりエアコン自体の能力の低下に繋がります。

ハンディマン志木店では、見た目もスッキリな配管カバーをおすすめします(^^)

お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です