表札の防犯対策

皆さんのお宅では表札を設置していますか?

表札は知人やご近所さん、宅配の方が訪ねてくる際の目印となり、とても便利なものです。

しかし、悪意を持った第三者に氏名を知られてしまう、家(部屋)の特定につながってしまうという防犯面ではデメリットになる場合も。


表札を出すときに気をつけて欲しいのは、以下の点です。

・家族の名前は全員分記載せず、苗字だけにする

・漢字表記はなるべく避け、ローマ字表記にする

・性別が判断できないよう、シンプルなものを選ぶ

・筆跡から人物像を推測させないよう、手書きのものは避ける

 

表札周りに知らないマーク等をつけられていると、悪徳商法や侵入被害のターゲットになっている可能性も考えられます。日頃から自宅の表札をチェックする習慣を身につけてると安心ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

年間MVP