ゴキブリの侵入経路の一つはエアコンのドレンホース

夏ということでエアコンの話題が多くなってきましたが、本日はエアコンのドレンホースについてです。

エアコンは内部で水を結露させて温度を下げる仕組みになっていますが、その水を外に排出するのがドレンホースの役割です。

大抵室外機のそばに出口があります。

 

ドレンホースの内部が汚れていたり詰まっていたりすると、エアコンの故障にもつながります。

定期的にホースを掃除する必要があります。

 

また、夏場は温度、湿度共に虫にとって過ごしやすい環境になってしまうため、ドレンホースの出口が開いたままだと、ゴキブリなどの虫の侵入経路になってしまうこともあります。

そこで、オクラを買った時のネットや、シンクの排水口ネットなど、プラスチック製のネットをホースの出口に被せて輪ゴムなどで止めることで侵入を防ぐことができます。

 

ドレンホースを虫の住処にしないためにも、清潔に保つことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です