直感と違う? 違和感クイズ

こんにちはブログ担当のYです。

今回は答えが直感と少しずれているクイズをいくつか紹介したいと思います。

違和感たっぷりで誰かに紹介したくなることでしょう。

水位は上がる?下がる?

湖に浮かんだボートの上に1キログラムのレンガがのっています。

そのレンガを湖に沈めると水位は上がる?変わらない?それとも下がる?

答え

下がる

ボートに乗った状態のレンガは水に浮いていたので、1キログラム分の水(1リットル)を押しのけていました。

しかし湖に沈めるとレンガは水よりも密度が大きいため、押しのける水の体積は1リットルよりも小さくなります。

ボートは1キログラム軽くなるため、ボートが押しのける水の体積は1リットル小さくなります。

したがってボートとレンガが押しのける水の体積の合計は小さくなるため水位は下がります。

乾いたスイカ

あなたは10キログラムのスイカを持っています。

そのスイカの水分量は99%です。

そのスイカを天日干しして1週間経った後に水分量を測ってみると98%もありました。

スイカの重さは何キログラムになったでしょうか。

答え

5キログラム

1%しか水分量が減っていませんが重さは半分にまで減ってしまっています。

なぜなら、天日干しする前の状態では、水分99%、残り1%で重さに変換すると、水分9.9キログラム、残り0.1キログラムです。

それを天日干しした後は、水分98%、残り2%になり重さに変換すると、水分Nキログラム、残り0.1キログラムになります。

これを解くと

98:2 = N : 0.1
  2N = 9.8
   N = 4.9

となるので、水分4.9キログラム、残り0.1キログラムで合計5キログラムになります。

子どもの比率

ある動物は特殊な生態をしていて、毎日1匹の子どもを産みます。

オスが生まれた場合はそこで子どもを産むのをやめます。

メスが生まれた場合は次の日も子どもを産みます。

例えば4日目にオスが生まれた場合は3匹のメスと1匹のオスが生まれたことになります。

オスとメスが生まれる確率が同じで、全てのつがいの出産が終わったとき、この動物オスとメスの赤ちゃんの割合はどのようになるでしょう。

答え

オス50%:メス50%

オスが生まれるまでメスが生まれ続けるのというのに1:1になるというのは直感と少し違うかもしれません。

例えばこの動物のつがいが100,000組いたとします。

1日目2日目3日目4日目5日目極限値
生まれたオスの総数50,000匹75,000匹87,500匹93,750匹96,875匹100,000匹
生まれたメスの総数50,000匹75,000匹87,500匹93,750匹96,875匹100,000匹
その日生まれたオス50,000匹25,000匹12,500匹6,250匹3,125匹0匹
その日生まれたメス50,000匹25,000匹12,500匹6,250匹3,125匹0匹

全てのつがいがオスが生まれるまで子どもを産み続けますが、毎日生まれる子どものオスとメスの数は変わりません。

最終的な赤ちゃんのオスメス比も1:1になるというわけです。

今回のクイズはこちらを参照しました

他の論理クイズの記事もCheck!

BLOG-Y
論理クイズ 3つのお菓子袋New!!
BLOG-Y
論理クイズ 数字当てゲーム
BLOG-Y
モンティ・ホール問題

論理クイズの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です