トイレが詰まる原因と対処法

トイレが詰まって水が流れない!

という経験ありませんか?

 

とても焦ると思いますが、まずは落ち着いて対処しましょう。

まず、トイレが詰まる原因として代表的なものは「トイレットペーパーの流しすぎ」です。

トイレットペーパーは本来水に溶けるため、詰まることはありませんが、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと、詰まってしまうことがあります。

また、最近のトイレは節水のために水の勢いが弱くなっているものもあるので、トイレットペーパーの流しすぎには注意しましょう。

 

※ティッシュペーパーは水に溶けないため、トイレに流さないようにしましょう。

 


 

原因がトイレットペーパーの場合は、自分で直すことができる場合が多いですが、原因がトイレットペーパー以外の物や、原因がわからない場合、自分で直そうとするとかえって悪化させてしまう恐れもあるので、業者を呼んで見てもらうのが安心です。

 

トイレットペーパーが原因だと分かっている場合、これから紹介する方法を試して見ると詰まりが解消されるかもしれません。

 

※温水洗浄便座を使用している方は必ず電源プラグを抜いてから行うようにしてください。

 

  • 水を勢いよく流す

溜まった水が少しずつ引いていく場合は、この方法で詰まったものの位置がずれて水が流れるようになることが多いです。

バケツなどで何度か水を流し込みましょう。

  • お湯を流す

トイレットペーパーや「トイレに流せる」と書いてある物はお湯に溶けやすいため、お湯を流し込んでしばらく放置してみると解消されることが多いです。

但し、熱湯は使わず40℃くらいのぬるま湯を使うようにしましょう。

 

  • ラバーカップを使う

いわゆる「スッポン」と呼ばれる物です。

洋式便器用のラバーカップは、皆さんが知っている「スッポン」とは少し形が違うので購入するときは注意しましょう。

洋式便器用ラバーカップ

 


 

これらの方法で解消されない場合は、業者を呼んで対処してもらうようにしましょう。

 

Handyman志木店ではトイレの詰まり工事も請け負っておりますので、是非お気軽にご相談ください!

お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です