こんにちはブログ担当のYです

今回も論理クイズを紹介します

不平等な分配

10人の強盗がある資産家の家から大量の金貨を盗んできました

強盗たちは平等に金貨を分配しようとしましたが、10人で同じ数ずつ金貨を分けようとすると1枚だけ金貨が足りませんでした

そこで強盗たちは一番下っ端の強盗を殺して残りの9人で分けようと思いました

しかし、9人で同数ずつ分けようとしてもまた1枚足りません

強盗たちはまた一番下っ端を殺して8人で分けようとしました

何人で分けてもちょうど1枚だけ足らず、一番下っ端を殺し続けていき、最後には親分1人が全ての金貨を持って逃げて行きました

強盗たちが盗んできた金貨の枚数として考えられる最小枚数は何枚ですか?

GeeksForGeeks

答え

2519枚

盗んできた金貨の枚数をX枚とします

あと金貨が1枚あればちょうど分配できたので、X+1が10で割り切れることが分かります

同じように考えてX+1は9、8、7、6、5、4、3、2で割り切れることが分かります

つまりX+1は2〜10の最小公倍数であることが分かりました

2〜10の最小公倍数は2520

X+1 = 2520

X = 2519

盗んできた金貨の枚数は2519枚です

他の論理クイズの記事もCheck!

BLOG-Y
論理クイズ 誰が嘘つき?New!!
BLOG-Y
論理クイズ 嘘つき兄弟
BLOG-Y
論理クイズ 風船割りゲーム

論理クイズの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。