こんにちはブログ担当のYです。

今回も論理クイズを紹介します。

今回のクイズは自己言及クイズということで、「◯問目の答えは×である」みたいな問題の組み合わせです。

問題自体に言及しているので、自己言及クイズです。

入門編なので、あまり難しくはありません。

自己言及クイズ

以下の3問がすべて正しくなるように解答してください。

問題1

問題2の答えは次のうちどれ?

A:A

B:B

C:C

D:D

問題2

全ての問題で、答えがBなのは何問?

A:0問

B:1問

C:2問

D:3問

問題3

全ての問題で、答えがAなのは何問?

A:0問

B:1問

C:2問

D:3問

答え

問題1:A

問題2:A

問題3:C

解説

まず、問題1と問題2について考えます。

全ての問題が正しくなるように答えを選ぶので、問題1の答えが正しくなるように答えを選ぶと、問題1と問題2の答えは同じになります

例えば、問題1の答えがCなら問題2の答えもCになります。

次に、問題2の答えについて考えてみましょう。

問題2「答えがBの問題は何問?」

A:0問

B:1問

C:2問

D:3問

この中で、明らかに間違いなのが1つだけあります。

それはDです。

問題は3問しかないため、この問題でDと回答すると、「答えがBの問題」は多くても2問になってしまいます。

つまり問題2の答えはDではありません。

また、上で考えた「問題1と問題2の答えは同じ」を利用して考えてみましょう。

問題2の答えがAの場合

問題1の答えもAになり、「答えがBの問題は0問」というのも特に問題ありません。

問題2の答えがBの場合

問題1の答えもBになるため、問題1と問題2の両方が答えがBになります。

つまり「答えがBの問題は1問」というのが間違いになってしまうため、問題2の答えはBではありません

問題2の答えがCの場合

問題1の答えもCになるため、問題1と問題2の両方が答えがCになります。

全部で3問のため、「答えがBの問題が2問」というのは間違いになってしまいます。

したがって、問題2の答えはCではありません

以上より、問題2の答えはA以外だと矛盾が発生してしまいます。

つまり問題2の答えはAになり、それに伴って問題1の答えもAになります。

最後に問題3の答えを考えます。

問題3

全ての問題で、答えがAなのは何問?

A:0問

B:1問

C:2問

D:3問

素直に「答えがAの問題は何問?」に答えれば良いです。

問題1と問題2が答えがAです。

つまり問題3の答えは「C:2問」か「D:3問」のどちらかになりますが、Dを選んだ時点で答えがAの問題は2問になってしまいます。

したがって、問題3の答えは「C:2問」になります。

他の論理クイズの記事もCheck!

BLOG-Y
論理クイズ 3匹の動物New!!
BLOG-Y
論理クイズ 好きなアイス調査
BLOG-Y
論理クイズ 2人で数字当てゲーム

論理クイズの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA