こんにちはブログ担当のYです。

今回も論理クイズを紹介します。

前回に引き続き自己言及クイズです。

前回より少し難しくなっているので、紙とペンを用意して解いてみてください。

自己言及クイズ 〜中級編〜

以下の5問がすべて正しくなるように解答してください。

問題1

他の問題の答えとして1つもないのはどれ?

A:A

B:B

C:C

D:D

問題2

この問題と同じ答えなのはどれ?

A:問題3

B:問題1

C:問題5

D:問題4

問題3

問題5の答えは何?

A:B

B:D

C:A

D:C

問題4

答えがAである問題はどれ?

A:問題2

B:問題3

C:問題4

D:問題5

問題5

問題3の答えは?

A:C

B:B

C:D

D:A

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:CB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

答え

問題1:B

問題2:D

問題3:C

問題4:D

問題5:A

解説

表を使って解説していきます。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:CB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

まず、問題3と問題5は連動していますね。

それぞれが、お互いの答えを指定している関係にあります。

もし問題3の答えがAだとすると、問題5の答えはBになります。

しかし、それでは問題5が「問題3の答えはB」になってしまい、矛盾が生じます。

つまり、問題3の答えはAではなく、問題5の答えはBではありません。

同様に、問題3の答えがBだとしても、問題5の答えがDになり、「問題3の答えがA」となってしまうため矛盾が生じます。

したがって、問題3の答えはBではなく、問題5の答えはDではありません。

残りの2つの答えはペアになっていてどちらも成り立つため、まだどちらが正しいのか分かりません。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:CB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

次に、問題2について考えます。

問題2の答えがAだとすると、問題2と問題3の答えが同じになります。

問題2の答えはAなので、問題3の答えもAです。

しかし、問題3の答えはAではないとわかっているため、仮定が間違っていることになります。

したがって、問題2の答えはAではありません。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:CB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

次に、問題4について考えます。

すでに問題2と問題3の答えがAではないことがわかっています。

したがって、問題4の答えはA、Bではありません。

また、問題4の答えがCだとすると、自身と矛盾が生じてしまうため問題4の答えはCでもありません。

すると、問題4の答えとして適当なのはDだけになります。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:CB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

問題4の答えがDだとわかったため、問題5の答えはAだと分かります。

それに連動して、問題3の答えもCで確定します。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:BB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

次に問題1について考えます。

問題5の答えがA、問題3の答えがC、問題4の答えがDと、「A、C、D」はすでに使われています。

したがって、他の問題の答えで1つもないものとして適切なものは、Bになります。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:BB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

最後に、問題2について考えます。

「この問題と答えが同じなのは?」という問いに対して、適切なものはBとDです。

しかし、問題2の答えがBだと、問題1の答えに矛盾が生じてしまいます。

したがって、問題2の答えはDになります。

問題1
他の問題の答えで1つもないものは?
問題2
この問題と答えが同じなのは?
問題3
問題5の答えは?
問題4
答えがAの問題は?
問題5
問題3の答えは?
A:AA:問題3A:BA:問題2A:C
B:BB:問題1B:DB:問題3B:B
C:CC:問題5C:AC:問題4C:D
D:DD:問題4D:CD:問題5D:A

以上より、全ての問題が正しくなるような答えが導き出せました。

他の論理クイズの記事もCheck!

BLOG-Y
論理クイズ 3匹の動物New!!
BLOG-Y
論理クイズ 好きなアイス調査
BLOG-Y
論理クイズ 2人で数字当てゲーム

論理クイズの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA