こんにちはブログ担当のYです。

今回も論理クイズを紹介します。

スポーツテスト

Aさん、Bさん、Cさん、Dさんの4人はスポーツテストをしました。

種目は100m走、ソフトボール投げです。

100m走の結果は、12秒、13秒、14秒、15秒でした。

ソフトボール投げの結果は、20m、25m、30m、35mでした。

以下の手がかりから、全員の結果を推測してください。

  • Bさんは100m走で14秒でした。
  • 100m走で13秒だった人はソフトボール投げで20mでした。
  • AさんはCさんより100m走のタイムが短いです。
  • ソフトボール投げで25mだった人は、Cさんより100m走のタイムが1秒長かった。
  • ソフトボール投げで30mだった人は、Bさんより100m走のタイムが2秒短かった。

答え

解説
種目AさんBさんCさんDさん
100m走
ソフトボール投げ
スポーツテストの結果

上の表を使って解説していきます。

まずわかっていることを埋めていきましょう。

手がかり1より、Bさんの100m走のタイムは14秒です。

種目AさんBさんCさんDさん
100m走14秒
ソフトボール投げ
スポーツテストの結果

次に手がかり3と4を同時に考えます。

  • AさんはCさんより100m走のタイムが短いです。
  • ソフトボール投げで25mだった人は、Cさんより100m走のタイムが1秒長かった。

難しく考えず、ある点に注目します。

それは「Cさんより100m走でタイムが短い人と長い人がいる。」ということです。

手がかり3ではAさんがCさんよりタイムが短いとあり、手がかり4ではソフトボール投げが25mの人がCさんよりタイムが長いとあります。

つまり、Cさんは100m走で一番速いわけでも一番遅いわけでもないことがわかりました。

100m走のタイムは12秒、13秒、14秒、15秒のどれかですが、Bさんが14秒だとわかっています。

したがって、Cさんの100m走のタイムは13秒です。

種目AさんBさんCさんDさん
100m走14秒13秒
ソフトボール投げ
スポーツテストの結果

ここで、手がかり2には「100m走で13秒だった人はソフトボール投げで20mでした。」とあります。

Cさんが100m走で13秒だったことが分かったため、Cさんのソフトボール投げの結果は20mだったこともわかりました。

種目AさんBさんCさんDさん
100m走14秒13秒
ソフトボール投げ20m
スポーツテストの結果

次に、もう一度手がかり3を見てみましょう。

「AさんはCさんより100m走のタイムが短いです。」とありますが、残りの100m走のタイムの候補は12秒か15秒のどちらかです。

Cさんは13秒なので、Cさんよりタイムが短いAさんは12秒だとわかります。

残った15秒はまだタイムがわかっていないDさんということもわかりました。

種目AさんBさんCさんDさん
100m走12秒14秒13秒15秒
ソフトボール投げ20m
スポーツテストの結果

最後に手がかり4と5を見ていきましょう。

「ソフトボール投げで25mだった人は、Cさんより100m走のタイムが1秒長かった。」

「ソフトボール投げで30mだった人は、Bさんより100m走のタイムが2秒短かった。」

とあります。

Cさんは100m走が13秒、Bさんは14秒です。

それを踏まえてこれらを言い換えると次のようになります。

「100m走のタイムが14秒の人はソフトボール投げが25mだった。」

「100m走のタイムが12秒の人はソフトボール投げが30mだった。」

100m走が14秒なのはBさんなので、Bさんはソフトボール投げが25mです。

100m走が12秒なのはAさんなので、Aさんはソフトボール投げが30mです。

残った35mは、まだ記録がわかっていないDさんです。

種目AさんBさんCさんDさん
100m走12秒14秒13秒15秒
ソフトボール投げ30m25m20m35m
スポーツテストの結果

以上より、全員のスポーツテストの結果が明らかになりました。

他の論理クイズの記事もCheck!

BLOG-Y
論理クイズ 暗闇カップシャッフルNew!!
BLOG-Y
論理クイズ 不良品を見つけろ!
BLOG-Y
論理クイズ 嘘のつき方Part2

論理クイズの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA