論理クイズ 消えた1ドル

こんにちはブログ担当のYです

今回も論理クイズを紹介します

消えた1ドル

とある3人組がホテルの1室を借りた

料金が30ドルだったので1人10ドルずつ出し合うことにした

しばらく後、フロントで料金の間違いが判明した

3人が借りた部屋が実は25ドルだったのだ

1人のボーイが5ドルを返しに行くことになったが、ボーイは5ドルを3等分することができないことに気づき、3人に1ドルずつ返して自分が2ドルくすねてしまうことにした

さて、最終的に3人が払ったのは27ドル、ボーイがくすねたのが2ドル合計すると29ドル

あとの1ドルはどこへ消えてしまったのだろう?

答え

実は1ドルは消えていない

この問題はまず問題文におかしな点があり、3人が払った27ドルとボーイがくすねた2ドルを合計してしまっているのが間違いです

3人が払った27ドルのうち25ドルはホテルがもらい、2ドルをボーイがくすねただけなので

27 + 2 = 29

というのが間違いで

27 – 2 = 25

とするのが正しいです

言われてみると簡単ですがなんとも騙されてしまうような問題ですね

形を変えてさまざまななぞなぞやクイズになっていますが、大元は夏目漱石の弟子である内田百閒の「安房列車」の第1話に掲載されていたのが最初と言われています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です